よくあるご質問

商品購入するには?
1)一般の方で、購入をご希望の方は、
  ● 最寄りの店舗
  ● ヤフーオンラインショップ
  をご利用下さい。
2)下記に該当するの方は、問い合わせからご連絡下さい。
  ● 特定薬品
  ● 業務用として一定数量以上のご購入を希望される
  ● 再販売 (仕入として購入) を目的としている方
  ●オリジナル製品の製作をご希望の方
製品グレードについて
製品グレードには、使用目的に対応した様々な種類があります。
グレードにより製造方法・精製度・不純物の混入度合いが異なります。
代表的なグレードは下記のものになります。
弊社で取り扱っているのは、「化学工業薬品」「食品添加物」「試薬(一部製品)」「食品(熱中症対策など)」になります。

1)化学工業薬品
基礎的で一番グレードの低く安価な化学薬品

2)食品添加物(略称:食添)
食品加工に使用できる品質のグレード

3)日本薬局方(略称:局方)
医薬品の原料、或いは医薬品として使用できるグレード

4)試薬(自社規格)
試薬を製造している会社が独自で決めている規格に適合している事を表している為、製造会社ごとに品質に差がある

5)試薬(JIS規格)
日本工業規格(JIS)の基準に従って製造された試薬
最高グレードであり、価格も高価
特級と一級の2種類がある
 ● 特級:一級より高純度
     「分析用」「保証付(G.R.)」に相当
 ● 一級:研究実験用として十分な純度
     「最純(E.P.)」「化学用最純(C.P.)」に相当
返品について 
不良品や輸送中の破損などで商品の返品・交換をご希望の場合はご連絡下さい。
ご購入の間違いなど、お客様都合での返品はお断りさせて頂きます。
 ● 一般のお客様は、お手数ですが、ご購入店舗にご相談下さい  ● ご販売店様は、弊社営業担当までご連絡下さい
使用方法は?
東工薬で包装・販売している薬品は基礎的な「化学工業薬品」と「食品添加物」になります。
製品掲載欄に簡単な説明を記載させて頂いておりますが、使用方法は多岐に亘ります。その為、ご自身で関連書籍やインターネット等から 確実な情報を得てからご購入し使用して下さい。
ご使用にあたっては、事故などに十分注意してご使用下さい。
なお、不良品や輸送中の破損以外での返品は、製品の性質上一切お断りさせて頂きます。
保管方法は?  
薬品の種類や量によって保管方法は異なりますが、薬品類の一般的な保管場所は以下の通りとなります。
詳しくは、容器に記載されている保管方法や関連書籍などの記載をご覧下さい。
  ● 日差しの当たらない所
  ● 冷暗所
  ● 食品と区別できる所
  ● 子供や高齢者などの手の届かない所
  ● 酸性と塩素系の薬品・薬剤は混ざらないように別の所に
  ● 酸性の薬品は、金属のない所
廃棄方法は?  
薬品の種類・量によって廃棄方法は異なります。
薬品によっては、排水設備に負担を掛けるものや専門業者に依頼が必要なものもございます。安易にゴミに捨てたり、水道などに流さず、必ず確認を取って下さい。
廃棄の負担を減らすためにも必要最小限の量をご購入するようにして下さい。
詳しくは、お住まいの自治体の情報をご確認下さい。
応急処置の方法は? 
薬品によっては危険を伴いますので、必ずご使用前に応急処置の方法をご確認の上、ご使用下さい。
「誤って飲み込んだ」「目に入った」「皮膚に触れた」などの場合には、適切な応急処置を行って下さい。
詳しい処置については「日本中毒情報センター(http://www.j-poison-ic.or.jp/homepage.nsf)」や関連書籍をご覧下さい。
劇物と劇薬の違いは?
劇薬と劇物の違いは、文字通り「薬」と「物」の違いです。

医薬品の成分で致死性の高い成分を「劇薬」として定め、さらに高い成分は「毒薬」となっています。

医薬品用途以外の成分で致死性の高い成分を「劇物」として定め、特に高い成分は「毒物」となっており、特に危険な成分は「特定毒物」として指定され、使用するには許可が必要です。
(【医薬用外劇物】【医薬用外毒物】は「毒物及び劇物取締法」で定められた表示法です。)

有名な薬品では、
 ●「モルヒネ」=毒薬
 ●「青酸カリ(シアン化合物)」=毒物
になります。

当社では【劇物製品】を取り扱う為、
 ●製造許可証=「毒物劇物一般製造業」
 ●販売許可証=「毒物劇物一般販売業」
の許可を取得しています。

より詳しい説明については関連法令をご確認下さい(参考:毒物及び劇物取締法(厚生労働省HP)
劇物は購入できるの?
【劇物製品】を 個人や会社業務等で、製造・清掃等の正しい目的でご使用になる場合は「毒物及び劇物取締法」で定められた手続きを行う事で、どなたでも購入することができます。
他者へ販売をする場合は、各都道府県で認可される「毒物劇物一般販売業」の取得が必須となります。

毒物又は劇物の譲渡手続き
■ご自身で【劇物製品】を使用される方

1.初回は対面販売をさせて頂きます。
2.『毒劇物譲受書』に必要事項を記載して頂きます
   ●印鑑
   ●本人確認が出来る身分証を提示して頂きます
   ●飲食店(中華料理店・焼き肉店等)の方は、「屋号・店名」及び「店舗の写真」

■再販売(他者・他社に販売)される会社
1.販売前に『毒物劇物一般販売業登録票』の提供(コピー・FAX可)
2.製品を受領する毎に『毒劇物譲受書』の返送